佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

8月14日(月)(お盆の臨時開館)の昆虫館

2017年8月14日(月)(お盆の臨時開館)
一日館長:末宗安之 サブ館長:岡田浩資
スタッフ:清水哲哉 齊藤泰彦
来館記載者 174名 天気:曇り時々晴れ

お盆になり、夜の気温が少し過ごしやすくなってきました。今朝は曇りがちの朝です。
f0177529_07504234.jpg
9時前に昆虫館に到着すると、スタッフの清水さんや本日のサブ館長、岡田さん、齊藤さんが既に開館準備を進めて下さっていました。
清水さんが仙台から持ってきてくれた生き虫はどれも魅力的な種類ばかりです。

網舎の中には、カブトムシだけでなく、アサギマダラを放しています。
昆虫館周辺では数の少ないルリボシカミキリも多数、生きたまま展示しています。
私も生きたものは初めて見たカワラハンミョウです。

f0177529_07571023.jpg
f0177529_07574105.jpg
たつの市産のハンミョウと一緒に展示をしてくれています。
兵庫県では既に絶滅した昆虫です。ぜひ生きたカワラハンミョウを見に来て下さい。
宮城県産のノコギリクワガタ、ミヤマクワガタ、カナブン、クロカナブン、アオカナブンもたくさん展示しています。

同じく宮城県産のカラスアゲハのさなぎが羽化する場面が見やすいようにたくさんの蛹を用意してくれています。
さっそく10時頃には1頭の羽化がありました。
f0177529_08054172.jpg
今日も開館と同時にたくさんの家族連れの方々が来館してくれました。
f0177529_08070821.jpg

岡田さんも大活躍です。
f0177529_08073041.jpg
午後になってもたくさんの方々が来館され、お絵かきや昆虫館周辺での昆虫採集を楽しんでおられました。

 
f0177529_08141350.jpg
来館者の目の前で、カラスアゲハがどんどん羽化する場面を見てもらうことができました。
f0177529_08161055.jpg
f0177529_08173594.jpg
美しいメスの翅を広げた場面をみなさん、スマホで撮影されていました。

今日もイモリくねくね池付近でヤマカガシを目撃しました。草丈も長くなり、昆虫館周辺はマムシも棲息しているので、清水さんが新たに注意喚起のプレートをラミネートして多数、作ってくれました。
f0177529_08200275.jpg
水路のふたの際にも設置しました。来館者の皆さん、ヤマカガシは毒蛇なので、気をつけて下さい。
f0177529_08223979.jpg
網舎のカブトムシはまだ数多く見ることができます。
お盆の臨時開館は16日(水)までです。
ぜひ、佐用町昆虫館でゆっくりとお過ごしください。

(報告 末宗安之)






by konchukan1 | 2017-08-15 08:32 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)