佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

スーパーむしむしキャンプ!!!

 24・25日の一泊二日で、「スーパーむしむしキャンプ」が開かれました。場所は、兵庫県三田市のキャンプ場です。

f0177529_19551388.jpg


 参加者はこどもたちだけで80人、ご家族を含めると総勢150人の『大むしとりキャンプ』です。コーディネートは三田市の有馬富士自然学習園。キャンプのお手伝いは、県立人と自然の博物館スタッフ、関西の全昆虫館~橿原市昆虫館、伊丹市昆虫館、箕面昆虫館、そして佐用町昆虫館~のスタッフという豪華版です。

 午後の集合にもかかわらず、午前中から会場に集まり始めたこどもたちは、すでに全開モード。それぞれに自慢の採集道具を手に、早くも興奮状態です。その写真をここに貼れたらいいんですが、なんとこのワタシも久々の虫採りに興奮状態で、写真を撮るのをすっかりわすれていました(あほかいな)。

 ともあれ集合して、いろんな注意を聞いた後で、網を手にキャンプ場の裏山を回って川のそばを通るルートの確認。そしてあとは、夜まで自由に虫を採るという、虫好きのこどもたちにとっては夢のような一日が始まったのでした。

 そして最大のイベントは24日の夜。各昆虫館とひとはくのスタッフが設営した3カ所のライトトラップが点灯されると、こどもたちは釘付けです。

 
f0177529_2021460.jpg


 おどろいたことに、さすがは昆虫大好き少年少女。まったく偏見をもたずに、虫という虫に興味津々です。「蛾は気持ち悪い~」なんていう子が多いのかと思いきや、ほとんどの子が、平気で手づかみ(だから鱗粉ははげてしまうんですが)で採集です。

 
f0177529_2041366.jpg


 でもやっぱり人気はクワガタです。カブトムシを採りたい子も多かったのですが、残念ながらカブトムシには少し早すぎたかもしれません。それでも、ミヤマ、ノコギリ、コクワは、多くの子が採集していました。

 途中、雨が降り出したのですが、こどもたちは雨でも平気。合羽に身を固め、あるいはずぶぬれになりながらライトトラップの前を離れませんでした。なんと真夜中まで頑張った子もいたんですよ。

 25日は朝から雨だったので、ホールに集まって、みんなが採集した虫を見比べたり、

f0177529_2074766.jpg
 

f0177529_2073798.jpg


 顕微鏡をのそきこんだり、

f0177529_2092195.jpg


 お絵かきをしたりして楽しみました。

f0177529_20101353.jpg


 どうです?ここもたちの作品は。

f0177529_20104635.jpg

f0177529_2011339.jpg

f0177529_201117100.jpg


 こどもたちと虫採りをしてたのしいやら、鋭い質問攻めにタジタジになるやら、本当に楽しく、忙しく、素敵な2日間でした。

 これから夏も本番。虫の季節はまだまだ続きます。佐用町昆虫館では、たっくさんの虫たちが、みんなをまっていますよ!!!
 



【 スタッフ 】
キッピー山のラボ(三田市有馬富士公園自然学習センター): 池田 大・奥井かおり・長谷川 真奈維・高瀬 優子
県立人と自然の博物館 : 八木 剛・山内 健生
箕面公園昆虫館 : 中峰 空
伊丹市昆虫館 : 長島 聖大
橿原市昆虫館 : 中谷 康弘
佐用町昆虫館(こどもとむしの会): 久保 弘幸・吉岡 朋子・中瀬 大地
テネラル : 室崎 隆春・徳平 拓郎・中谷 朱里・坂本 貴海・篠谷 遼太・中本 南
ユーススタッフ : 新熊 千遥・牧 菜々美
Commented at 2017-06-26 14:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by konchukan1 | 2017-06-25 20:14 | こどもとむしの会のイベント | Comments(1)