佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

6月24日(土)の昆虫館

一日館長:末宗安之、サブ館長:茂見節子
スタッフ:大江峻弘(るり坊)
来館記載者:31名
天気:曇り時々晴れ

思ったよりも好天に恵まれた朝です。夕方まで雨は降らない予報でした。
f0177529_21564757.jpg
9時頃に昆虫館に到着すると、早速屋根の上を悠々と飛び回るアサギマダラを確認。
また、旧入り口付近で今年大発生したキアシドクガの成虫を確認。(注:毒はない種類です)

f0177529_22020080.jpg
茂見さんが館内の掃除をしてくださり、大江君(るり坊)もクワガタやナナフシ、カイコの餌を交換して準備万端。
10時頃には谷間のシオジの周りを敏速に飛ぶゼフィルス(ミドリシジミの仲間)を目撃。
ヒロオビミドリシジミか、メスアカミドリシジミの可能性が高いのですが、採集できず、種類は未確認のままです。


今日も10時過ぎから家族連れの方々が途切れなく来館して下さいました。
彼はニジイロクワガタが大好き。
f0177529_22065061.jpg

彼はがんばってヘラクレスオオカブトを持ち上げて家族に写真を撮ってもらいました。
f0177529_22075125.jpg


彼女は好奇心旺盛で、予想外のオオムラサキのサナギの振動にびっくりしたり感動したり。

f0177529_22110472.jpg

彼女は最初はチビクワガタから触り、徐々に大型クワガタに慣れてきました。

f0177529_22142040.jpg


ご家族みんなでマダガスカルオオゴキブリやヤモリの感触を楽しんで下さいました。
f0177529_22161155.jpg

f0177529_23005777.jpg
彼らはオオゴキブリやヤモリを積極的に触って楽しんでいました。

f0177529_22175856.jpg

昆虫館周辺で、たくさんのカミキリムシやコガネムシを採集し、自分で種名を調べることをしっかりがんばっていたお兄さん。弟や妹と共にゆっくりと楽しんでくれました。

 午後から曇りになり、飛来する昆虫も少なめでしたが、ミスジチョウ、ムラサキシジミ、イシガケチョウを目撃。
 特にイシガケチョウは今年初めて確認できました。
モリアオガエルの卵塊も、新たに増えていました。
飼育ケースのカブトムシのさなぎの様子を大江君が確認。多くの個体が7月頃には成虫になると思います。
梅雨の時期ですが、館内のお絵かきコーナーも楽しく過ごせます。
生きたクワガタ、カブトムシ、ゲンゴロウやタガメも目の前で観察できる佐用町昆虫館にぜひお越し下さい。

(報告:末宗安之)






by konchukan1 | 2017-06-24 22:35 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)