佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

10月2日(日)の昆虫館

一日館長:三木進、サブ館長:刈田悟史
応援:末宗安之、るり坊
天気:曇り時々晴れ
入館者:43人

明石を出た時は、気温23℃。
途中、山崎を抜け切り窓峠に差し掛かると22℃。
昆虫館に着くと21℃。
長袖が欠かせない。

9時前に、刈田さんと昆虫館前に同着。
やる気満々の二人です。

まず、かぶとムシムシ網舎に、
幼虫用マットを追加。
f0177529_1616345.jpg

70リットルを二人で運びましたが、後ろ歩きの私には大変でした。

続いて、クワガタ類の飼育ケースのマットが汚れていたので、
すべてを交換。
f0177529_16175791.jpg

エサも併せて!

さらに作業は、入館者に手伝ってもらって、
カブトムシの幼虫を、
新しいマットの新居へ。
f0177529_1619511.jpg


最後は、水槽の内部の清掃と、水替え。
f0177529_1620415.jpg

頑張る刈田さんを、末宗さんとるり坊が応援。

大変な作業を無事、終えました。

キャンプ場で川遊びをしていた親子が「変な虫」の名前を確認に来館。
f0177529_1623537.jpg

刈田さんが「ヒラタドロムシの幼虫です」と即答。
f0177529_1633243.jpg
しばらく、見学してキャンプサイトへ帰られました。

さらにヤゴをいくつか持参した親子に。
「ミルンヤンマ、コオニヤンマ。こっちはカワトンボ」とまたまた即答!
f0177529_16253644.jpg


頼もしいナチュラリストです。

枯れ枝の上に、
カジカガエルが。
f0177529_16262665.jpg


ブッドレアにさまざまなヒョウモンチョウが。
オオウラギンスジヒョウモン
f0177529_1629298.jpg

ウラギンヒョウモン
f0177529_16293322.jpg

ツマグロヒョウモン
f0177529_16294913.jpg


ミドリヒョウモン、クモガタヒョウモンも。
メスグロヒョウモンだけが、姿を見せません。

行く秋。
残り少なくなった命の日々を、
虫たちも懸命に生きていました。
(報告、一日館長:三木進)
by konchukan1 | 2016-10-03 16:32 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)