佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

9月22日(木・祝)の昆虫館

一日館長:三木進、サブ館長:野村智範
スタッフ:岡田浩資、 齋藤泰彦、刈田悟史
天気:強い雨のち小ぶり
入館者:12人

明石を出た時は、小雨だったが、
八重谷峠を越えて佐用に入ると本ぶり。
午前9時過ぎ、昆虫館に着くと土砂ぶりに。
f0177529_13503146.jpg



すでに齋藤さん、野村先生が開館準備を終え、
「さっきまでは、それほどふってなかった」とのこと。

入館者への対応はお二人に任せて、
さっそくカブトムシの幼虫のマット交換を進めた。

大きな飼育ケースから、幼虫を取出し、
古いマットは、植物の肥やしに。
合羽に着替えて、雨を避けながら、
一人作業していると岡田さんの到着。

作業は一気に進んだ。
f0177529_13294467.jpg
マットを入れ、
ガスや発酵の際の余熱が治まるのを待って、分けておいた幼虫を入れる。
f0177529_13312396.jpg

f0177529_1331417.jpg


なにせ今、昆虫館には
館で生まれたのと、 齋藤さんが持ち込んでくれたのを
合わせると、1000頭を超える幼虫がいる。
この日だけで50リットル×5、70リットル×1の計320リットルもの
マットを交換。
雨中の作業は、とても大変でした。

それでも来年夏に、カブトムシの網舎に
今年の340頭を上回る500頭ほどを放そうと思うと、
ない力が、意欲がわいてきます。

入館者は4組12人でしたが、
遠くから来られた方もあり、
長い時間、体験されました。
f0177529_134010100.jpg
魚を観察したり、
f0177529_13403668.jpg

f0177529_13404580.jpg

ラボでクワガタやイモリに触ったり。

午後から刈田さんが、応援に来てくださり、
カウンターで説明。
f0177529_13422123.jpg

総監督は、この日も檄を飛ばす。
f0177529_1342597.jpg


最後は、飼育ケースを洗い、
f0177529_13434016.jpg
f0177529_1344568.jpg
掃除をする。

入館者に記念撮影してもらいました。
f0177529_13445484.jpg

ありがとうございました。


(報告、一日館長:三木進)
by konchukan1 | 2016-09-23 13:45 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)