佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

「いどうこんちゅうかん2016」in 御影北児童館 8月22日


~神戸市児童館派遣事業による「いどうこんちゅうかん」① 御影北児童館 編~

8月22日から25日の間に、今年も抽選で当たった神戸市内の6つの児童館・コーナーへ「いどうこんちゅうかん」が参ります。今年も高倍率だったと視察に来られたこべっこランドの先生から聞きました。
神戸市児童館派遣事業も6年目。たくさんの子どもたちに「むしさんとなかよし」になってもらうために、今年もむしむし大博士の先生とむしむし博士の大学生のおにいさん・おねえさんがたくさんのむしさんを連れて、みなさんのところへ行きます!


この夏のトップは、御影北児童館です。
さあ、たのしい「いどうこんちゅうかん」の はじまり、はじまり!
f0177529_20321887.jpg



f0177529_2153559.jpg
最初にむしむしメンバーの紹介です。



f0177529_21563537.jpg

f0177529_22243195.jpg
さっそくお兄さんたちがパネルを使って昆虫について教えてくれました! 今回は「昆虫のお口」のおはなし。ふだんよくみるカブトムシやカミキリムシでも、よく見るとそれぞれ昆虫の好きなものを食べれるように違う形なんだって! し、しらなかった( ゚Д゚)!!!!
おはなしを聞いた後はいろいろなコーナーをまわろう。


f0177529_12425565.jpg

f0177529_12485154.jpg

f0177529_12493418.jpg
蚊帳は今年も大好評 ‼ ‼ ‼ トンボやチョウ、バッタがたくさんいました。やはり、昆虫は自分で捕まえることこそが楽しいものです。
トノサマバッタやエンマコオロギは秋からもたくさん見れますので、今度は自分でも捕まえに行ってみてね (⋈◍>◡<◍)。✧♡



f0177529_13215766.jpg

f0177529_12512087.jpg
カブトムシやオオムラサキの標本を見ながら、塗り絵をぬりぬり。昆虫と触れ合うことによって観察することが養われます。とくに標本は生きている間に観察しずらい部分までしっかり見れます。さきほどのお兄さんのお話通り、昆虫の口や、体色をしっかり見ましょう!


f0177529_13222839.jpg

f0177529_12565339.jpg
とびだす昆虫の写真。捕まえられそうで捕まえられない (笑) 採集魂が刺激される~ (笑)



f0177529_130256.jpg
生き虫のコーナー! かっこいいカブトムシやクワガタムシと触れ合うことができます! アカハライモリなど、かわいい生き物もいました!さわれるようになった子も・・・


f0177529_13193584.jpg
f0177529_23293997.jpg
タガメを持ったら、小学生に「すご~~い!」とほめられてタガメを離さなくなった男の子。緊張しながらも得意げな様子がかわいいですね。僕自身は噛まれてしまったので 本当にすごいです ‼ ‼


f0177529_13123110.jpg
最後に中峰先生の質問タイム。みんな昆虫のことよく知っていて、難しい質問をしている子もいます!! 将来有望です ‼ ‼ それでも、さすがむしむし大博士! 難しい質問もわかりやすく教えてくれました。
僕たちもすごい勉強になりました!





参加者 : 小学生 56人   幼児 2人   大人 2人
児童館スタッフ : 6人
こどもとむしの会スタッフ : 中峰空 吉岡 朋子 小林慧人 宇野宏樹 中野彰人 中谷朱里 能勢基希(博物館実習)【報告:中野】





by konchukan1 | 2016-08-25 18:00 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)