佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

8月27日(土)の昆虫館

1日館長:末宗安之、サブ館長:前原繁仁
天気:曇り
入館記帳者:57人

8月も終わりが近づき、
今日は最後の土曜日です。
台風の影響か、曇りの朝を迎えました。 

9時前に昆虫館に到着すると、
昨日の雨でまだ道路は濡れていました。
f0177529_22471884.jpg


昆虫館の庭にあるアワブキでは、
スミナガシの幼虫が大きくなってきました。
f0177529_22474619.jpg

網舎のカブトムシはかなり少なくなりましたが、♀は産卵を控えて腐葉土のなかへもぐっているようです。

10時の開館前から家族連れの皆さんが訪れてくれました。
f0177529_22484984.jpg


9月直前でもクワガタ、カブトムシは元気よく動き回っています。
この夏、大人気だったオオクワガタやギラファノコギリクワガタは
ゼリーを良く食べて、まだまだ長生きしそうです。
f0177529_22492939.jpg


ドンコも空腹のようで、
水槽の前を人が通ると餌を欲しがるので、彼にミミズを与えてもらいました。
f0177529_22495790.jpg

彼は大変絵が上手で、タイワンミヤマクワガタの写真を見ながら
リアルな作品を短時間で仕上げることができました。
「マムシに注意」のイラストを参考に、
うろこを一枚一枚丁寧に仕上げた作品も完成させました。
f0177529_22504975.jpg


午後も多くの家族連れの皆さんが、
館内でゆっくりと過ごしてくれました。
f0177529_22513797.jpg


ニジイロクワガタは大人も見入ってしまう美しさがあります。
f0177529_22521372.jpg


清水さんの立体写真を家族みんなで楽しんでくれました。
f0177529_22523794.jpg


マダガスカルゴキブリからニホントカゲまで、
皆さん少し緊張しながら手に触れてくれる人が多かったです。
f0177529_225344.jpg


彼らは淡水魚の餌やりを協力してくれました。
f0177529_22532617.jpg


庭のミヤマハハソには
アオバセセリの幼虫の巣がたくさん確認できました。
f0177529_22535810.jpg

昆虫館周辺ではタカネトンボの♀が時々飛来し、
来館者の目の前で産卵する姿が観察できました。

他に昆虫館の壁にはヒメカマキリが2頭、止まっていました。
 
展示水槽のスズムシが少しずつ成虫になり、
美しい鳴き声が聞けるようになりそうです。
里親になってくれる方はこちらが準備したケースに入れて持って帰ることできますので、
ぜひ佐用町昆虫館にお越し下さい。
(報告、一日館長:末宗安之)
by konchukan1 | 2016-08-27 22:55 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)