佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

8月21日(日)の昆虫館

一日館長:八田康弘、サブ館長:岡田浩資
スタッフ:齋藤泰彦 応援:大江峻弘
天気:晴れ
来館者:126人



夏休みも残すところ10日となり、
小学生は宿題の追い込みで
昆虫館も少なめかなと思っていましたが、

午後になって一気に来館者が増え、
熱気で館内の室温が急に上昇し、汗ばむ状況でした。
f0177529_22483077.jpg


岡田さんが持参したオオクワガタの産卵セットの割り出しをされて、
ちょうど来館された方はその様子を見ることができました。
f0177529_22492855.jpg
f0177529_22493762.jpg


採集された昆虫を持参され、
標本の作り方を教えて欲しいという来館者がおられて、
齋藤さんが熱心に指導されていました。
f0177529_2250551.jpg


お絵描きも盛況で、
昆虫に飽き足らず、ヘビやトカゲをスケッチする子もいました。
f0177529_2250271.jpg


神戸ではスズムシが鳴き始めていますが、
昆虫館のスズムシは今日やっと脱皮をして成虫になるものがいました。
f0177529_22504776.jpg


f0177529_2251795.jpg
先週見かけたカジカガエルのメスは今日も樹上にいました。
カジカガエルは、ずっと川にいるものと思っていましたが、
モリアオガエルと同じアオガエル科なので、
思っている以上に川周辺の森で生活しているのかもしれません。

スミナガシの幼虫もまだ小さいですが、
何個体か見かけました。
f0177529_22515161.jpg


カラスアゲハ、コミスジ、セセリチョウの仲間と、
相変わらず昆虫館は自然がいっぱいです。
(報告、一日館長:八田康弘)
by konchukan1 | 2016-08-21 22:52 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)