佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

7月16日(土)の昆虫館

1日館長:末宗安之、サブ館長:石田哲載
スタッフ:石田智子、野村智範 
応援:石田眞載、石田義禮
天気:晴れ後曇り
入館記帳者:58人

今日は少し雲がありますが、夏らしい日差しです。
開館準備を石田兄弟が今日も手伝ってくれました。
羽化したカブトムシを網舎に移動し、パイナップルの近くに放してくれました。
f0177529_23161828.jpg

f0177529_23173773.jpg


開館と同時に、
来館者が訪れて下さいました。
「標本室に大きなカエルがいましたよ」と声をかけていただいたので確認すると、
何とモリアオガエルが迷い込んでいました。
f0177529_2317941.jpg


子供たちがカブトムシ、クワガタムシを中心に
しっかり観察をしてくれました。
彼は石田兄弟と共に昆虫館周辺で昆虫採集を楽しみました。
f0177529_23181861.jpg


館周辺では、
オニヤンマの周回が観察できました。
石田兄弟はヒメサナエを確認。
館内の壁ではタカネトンボが
今日も羽化しているのを来館者が見つけてくれました。
f0177529_23185630.jpg


この季節の主役は、
やはり「日本のカブトムシ」です。
来館者のご家族からも
住んでいる場所や採集の方法についての質問が多かったです。
f0177529_23194113.jpg


彼はコクワガタを自宅でも飼育しているそうです。
f0177529_23201118.jpg


午後も多くの方々が来館してくれました。
リピーターの方もいて、ゆっくり過ごしてくれました。
彼はお気に入りのミヤマクワガタやタマムシを描いてくれました。
f0177529_23204126.jpg


仙台市在住の昆虫館スタッフ清水哲哉さんから
スペシャルな贈り物がありました。
なんと生きたノコギリクワガタ、カナブン、アオカナブン、クロカナブンがたくさん!
f0177529_23211977.jpg

館内の「樹液酒場」水槽で展示させてもらいます。

今日も昆虫館では新たにカブトムシの羽化があり、
網舎の中で観察ができます。

餌のパイナップルの香りに誘われて、
カナブンやアオカナブンが飛来して来ます。
昆虫に出会えるチャンスを広げる機会になる昆虫館にぜひお越し下さい。
(報告、一日館長:末宗安之)
by konchukan1 | 2016-07-16 23:22 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)