佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

5月28日(土)の昆虫館

一日館長:野村智範、サブ館長:前原繁仁
スタッフ:金子留美子
天気:曇り
入館者:38人


開館と同時に、
町内の神崎氏が数十匹のサワガニとヒキガエル、イシガメの子どもを昆虫館にと提供してくださいました。
どれもご自宅付近に生息していたものらしいです。
f0177529_11303372.jpg

f0177529_11304843.jpg

f0177529_1131924.jpg

イシガメは、庭先に産卵、ふ化した数匹の1匹だそうです。
ありがとうございました。
イシガメとヒキガエルは、しばらく展示した後で元の場所にお返しします。

本日最初のお客さんは、
昆虫館目指して来てくださった篠山市のご一家です。

来館直後に、先ずは腹ごしらえ。その後数時間、滞在されました。
f0177529_11324988.jpg


お絵かきも人気です。
f0177529_11383365.jpg


相変わらず、モリアオガエルの産卵が続いています。
f0177529_11331394.jpg


産卵後のメスと思われる成体を数匹確保し、来館者に観察してもらいました。
カエルには少々迷惑ながら、「ふれあい活動」も楽しんでもらいました。
f0177529_1134585.jpg

f0177529_11342451.jpg

明日は、雨。
今日から明日、あさってにかけて、
昆虫館は、モリアオガエルの鳴き交わす声であふれ、
あちこちで産卵行動が見られることは間違いないと予想されます。


サブ館長の前原さんが、スズムシハウスの中に、触覚の長いカミキリムシを見つけたので、
三木さんに電話し標本として確保しました。
「セミスジコブヒゲカミキリの♂」とのことでした。
f0177529_113638100.jpg



金子さんは、
「昆虫道場」の標本作成用の虫たちのメンテナンスなどの作業をされました。

( 報告、一日館長:野村智範)









by konchukan1 | 2016-05-28 11:26 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)