佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

5月15日(日)の昆虫館

一日館長:八田康弘、サブ館長:茂見節子
スタッフ:昆虫道場スタッフ 金子留美子、内藤親彦、八木剛、野村智範、清水家
天気:曇り時々晴れ
来館者64人

藤の紫色から変わって
山の麓はあちこちでジャケツイバラの黄色に染まっていました。
f0177529_22163594.jpg


昆虫館に向かう田んぼでは、
田植え中のところと終わった所があって、
田植えが行われている所ではアマサギが、
f0177529_2285666.jpg

千種川ではダイサギが見られました。
f0177529_229138.jpg


昆虫館に着くと、
すでに清水一家が待っておられ、
開館の準備を手伝ってくださいました。

次々と、こども昆虫道場の参加者やスタッフが来られ、
賑やかな1日となる中、道場参加の方以外にも常連さんが来られ、
いろいろと楽しんで帰られました。
f0177529_22123895.jpg

モリアオガエルの卵はすでに8卵塊ほどあって、いよいよ産卵本番です。
f0177529_22101843.jpg


ハクウンボクの花には、
クロアゲハ、モンキアゲハなど黒いアゲハが訪れ、
地上近くにはコミスジが止まっていました。
f0177529_22105057.jpg


こども昆虫道場の参加者の皆さんは、
講義のあと、ご家族で採集に出かけられ、
ウスバシロチョウをはじめ、結構たくさんの種類の昆虫をゲットされていました。
f0177529_22113960.jpg

f0177529_22115196.jpg


アサギマダラの蛹も見つけられました。
f0177529_2212653.jpg


午前中から神戸新聞の方が、
昆虫道場の活動の様子を取材され、最後までおられ
参加者の方にもインタビューされていました。

閉館時も昆虫道場参加のご家族が、
掃除をはじめ熱心にいろいろお手伝いをしてくださいました。
(報告、一日館長:八田康弘)






by konchukan1 | 2016-05-15 22:15 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)