佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

4月9日(土)の昆虫館

一日館長:竹田真木生、サブ館長:茂見節子
スタッフ:大江Jr.
入館者:16人

昆虫館への道は、美しい花の道です。
f0177529_181568.jpg

到着より早く、
野村先生の一隊が、来訪され開館して下さっていました。
「千種川生物研究会」の皆さん8人です。
f0177529_18162248.jpg


f0177529_18164062.jpg

来訪者は、このほか8人の計16人でした。
f0177529_18161230.jpg

午後、瑠璃坊の音頭で機能不全に陥っていた
屋外の納屋の掃除をしました。

固まったセメント、ぬかや魚粉を出し、
捕虫網のさお、バケツなどを移し、整頓して棚に戻しました。
f0177529_18153262.jpg

f0177529_1815423.jpg

瑠璃坊さすが高校生になっただけあって、よくはたらききました。
茂見さんも倉庫のかたずけ等、瑠璃坊との呼吸もよく
奮闘されました。
f0177529_18155192.jpg


ミールワームのタンクは糞がほとんどになっていたため
網とピンセットで新しくコロニーを作り直しました。
今バケツに入っています。

ふすまに魚粉、米ぬかミックスをつくってえさにしました。

外はあまり、虫の影はなく、天狗チョウ2匹と、ツマキチョウくらいのもの。

朝のうちに内海商店にはお悔やみの訪問をしました。

内海先生は90歳で、入院して1週間の見事な往生だったそうです。

キャンプ場の若い方が、宣伝用の写真を撮っていかれました。
菅原さんの大水青の絵、
河野和男さんの標本、
山勝さんの作った標本など3箱が戻りました。
f0177529_18163131.jpg

虫も訪問者もまだ足が遠いが、
一日、昆虫館の活動が始まってきた幸せな予感がしました。
(報告、一日館長:竹田真木生)










by konchukan1 | 2016-04-10 18:13 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)