佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

4月10日(日)の昆虫館

一日館長:八田康弘 サブ館長:岡田浩資
天気:曇り
来館者33人


山崎インターから昆虫館に向かう途中、
川の土手は、
セイヨウアブラナの黄色い花と
散り始めた桜のピンクに混じって
地表近くにオドリコソウの花が負けじと咲いていました。
f0177529_22223153.jpg
オドリコソウ

内海商店横の畑には
キジが夫婦で餌をついばんでいました。
f0177529_2223528.jpg

まもなく繁殖に入るのでしょう。

午前中、内海先生の娘さん孫さんひ孫さん3世代が揃って来館され、
落ち葉掃除をしてくださいました。
f0177529_2223437.jpg



久保さんがオオムラサキ幼虫、ホシミスジ幼虫の
観察の仕掛けをしてくださっていました。
f0177529_2224942.jpg

f0177529_22242259.jpg

また、ひと箱企画にはアゲハチョウをテーマに標本が設置してありました。


来館者は途絶えることなくあって、楽しんで帰られました。
f0177529_2227845.jpg


f0177529_22263427.jpg

今日の生き物たちは、昨日に比べ気温が低く、
姿をほとんど見かけませんでした。

シュレーゲルアオガエルの鳴き声を聞いたことと
アサギマダラの幼虫を見かけたぐらいです。
f0177529_22261795.jpg

昆虫館内ではナナフシモドキが孵化していました。
大きな水槽はとりあえずセットし、
カワムツ水槽にいたタイコウチを入れておきました。
(報告、一日館長:八田康弘)









by konchukan1 | 2016-04-10 22:27 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)