佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

10月24日(土)の昆虫館

一日館長:野村智範、サブ館長:久保 弘幸、そうちゃん
天気:快晴
記帳者:21人


「ああ、今日もいい天気だ!」

朝起きて、空を見上げながら思わずつぶやきはしましたが、
はたして、本当に「良い」天気なのでしょうか。
f0177529_2039388.jpg

確かに、雲一つない秋晴れの一日ではありました。

しかし、ドンコショー用のミミズはほとんどいないし、
園庭の植物には、水を欲しがっているものもいる。
畑の白菜やキャベツは、水をやらねば枯れてしまいそう。

河川改修によってただでさえ浅くなった川は、
f0177529_2040636.jpg

いたるところで川底が露出しているし、
山の紅葉は、本当に紅葉かな、ただの枯葉ではと思われるほど、変。
何年か前にも似たようなことがあったと記憶していますが。

今日最初のお客さんは、はるばる北広島からの小学生とお父さんでした。

私事ですが、我が家の自然薯も順調に育っています。あと2週間ほどで収穫です。
f0177529_20421671.jpg


昆虫館の北約100mほどの寺谷川では、アマゴの産卵があったようです。
f0177529_20425267.jpg

サネカズラは真っ赤に色づき、
ブッドレアの花の時は終わり充実の時季を迎えようとしています。
フジバカマは満開です。
でも、アサギマダラは今日もやって来ません。
喜界島や台湾へ飛んでいった「標識個体の便り」が次々と届いているというのに…。

f0177529_2044880.jpg

f0177529_20442290.jpg

f0177529_20443162.jpg

f0177529_20444014.jpg


この時期の土曜日にしては多くの、
21人という来館者数でした。
しかも、初めての方ばかりでした。
遠く離れた神戸や明石の子どもと広島の子どもが、
ここ昆虫館で出会い、時間を忘れて楽しく遊んでいる様子をながめながら、
・・・・と、想うのでありました。

天気やアサギマダラはともかく、とてもいい一日でした。
(報告、一日館長 : 野村智範 )
by konchukan1 | 2015-10-25 20:44 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)