佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

9月26日(土)の昆虫館

一日館長:八田康弘、サブ館長:清水哲哉
天気:晴れ後曇
来館者24人


彼岸が過ぎたせいか、
あぜ道のヒガンバナの花も
色あせてきていました。

一方、昆虫館の周りでは
あいかわらず午前中にはミンミンゼミが、
昼前にはツクツクボウシが、
夏を惜しむかのように鳴いていました。

今日の来館者は少なめでしたが、
それぞれ虫に思い入れのある方たちが多かったです。
f0177529_17521227.jpg

19日に来て、モグラに出会って、
今日関東の方に帰るので、もう一度見に再度来館された方がりました。
残念ながらモグラは19日だけの展示でした。
f0177529_17524365.jpg

スズムシの里親になってくれた女の子、
f0177529_17525716.jpg

わざわざ大阪からゲンゴロウを見られるかなと来館された方。
こちらも残念ながら今、昆虫館にはゲンゴロウがいません。

天気はまずまずでしたが、
副館長の清水さんの「今年は昆虫が少ない」の言葉どおり、
今日の昆虫館もミドリヒョウモンをはじめとするヒョウモン類やキチョウの仲間、
ホタルガ、ヒメクダマキモドキ、
f0177529_17501685.jpg
ミドリヒョウモン
f0177529_17502741.jpg
ホタルガ
f0177529_17503897.jpg
ヒメクダマキモドキ

ちょっ変わったところでトホシカメムシを見かけた程度でした。
f0177529_17513440.jpg


清水さんは、仙台から運んできた、植物たちを
こつこつ植栽されていました。
f0177529_17514793.jpg


来年にはきっとたくさんのチョウたちが訪花してくれることでしょう。
(報告、一日館長:八田康弘)
by konchukan1 | 2015-09-28 17:53 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)