佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

9月13日(日)の昆虫館

一日館長:三木進、サブ館長:岡田浩資
スタッフ:野村智範、応援:刈田悟史
天気:晴れ一時曇り
記帳者:52人

9時前に到着すると、
刈田さんが門扉のカギを開けている最中。

岡田さんも到着し、開館準備はすぐに完了!

いつものように、
素敵な家族連れが来られ、
大きなカブトに触れ、歓声が上がりました。
f0177529_1314365.jpg

皆で拍手し、
日本のカブトムシと比べて、違いを観察。
外国産を放すとダメだよっというお話で締めくくります。

側溝では、イモリつかみが盛況。
f0177529_1341612.jpg

さまざまな生き物に触れ、その感触から“命”を知る。

滝川中・高校の生物部の4人が来館、
発表会用の鳴く虫を採集。
昆虫館のスズムシもお持ち帰り。

カブトムシの飼育水槽の
マットを交換中だった岡田さんが4人に協力を要請。
f0177529_1392116.jpg

幼虫を確認しながら汗を流してくれました。
f0177529_139541.jpg


さらに4人はヤゴを見つけたり、
f0177529_13105053.jpg

ナガサキアゲハの雌を網舎に放したりと大活躍。
f0177529_13113262.jpg


穏やかな秋の一日だけに、
昆虫たちは命の舞を披露。
スミナガシは低空飛行し、アワブキに産卵。
f0177529_13155328.jpg

枝には終齢幼虫も。
f0177529_13161765.jpg


アオバセセリの幼虫が葉を綴り、
f0177529_13165418.jpg

フクラスズメの幼虫も大きくなりました。
f0177529_13173934.jpg


楽しみにしていたサカハチチョウが訪花し、
f0177529_13182232.jpg

クモガタヒョウモンも飛来。
f0177529_13185159.jpg


こころ弾む一日でした。
(報告、一日館長:三木進)
by konchukan1 | 2015-09-14 13:19 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)