佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

8月29日(土)の昆虫館

一日館長:野村智範、サブ館長:三木進、スタッフ:前原繁仁
天気:晴れ後曇り時々小雨
記帳者:72人

夏休み最後の連休。
近くのキャンプ場「自然観察村」のお客さんの数は
ピーク時の半分以下程度になっていました。

スズムシは増えました。
エサ替えも大変です。
f0177529_13144113.jpg


午前中こそ少なめでしたが、
正午過ぎから次々と来館者あり。
f0177529_13151740.jpg

f0177529_13152743.jpg


リピーターと思われるご家族も何組かあったように思います。
f0177529_13132795.jpg

中には、誕生日のプレゼントとして、
わざわざ神戸からご家族総出でお越しくださった一家もありました。
『昆虫にさわれる所』を調べた結果、
わが「佐用町昆虫館」に白羽の矢が立ったそうです。
たいへん光栄なことです。
ますますファイトが出てきます。
ありがとうございました。
f0177529_13145582.jpg

ほかの来館者の方も理由は様々でしょうが、
「ホームページを見て」とか「以前にも来たので」
「時期を変えて来ている」「子どもにせがまれて」など、
すべての方の声ではないにしても
『選んでもらっている』ことを自覚しなければならないと思いました。

と同時に、あんまり肩肘を張らないで、
これまで通り、会員自身も楽しみながら、
それぞれの個性が随所に表れている展示や
ミニミニイベントがあれば良いのではないかとも思います。

春の桜の頃から、モリアオガエルの大盛況、続くカブトムシ、
相変わらずのイモリ人気。今やカブトの姿は消え失せ、次は、次は・・・。

この季節、日本列島を南下するあの『旅する蝶 アサギマダラ』の登場でしょうか。

以前、竹田先生が昆虫館でマーキングされたアサギマダラが
福島県で捕獲されたことがありましたが、
今年はどうでしょう。
北からの「便り」が届くでしょうか。

「アサギネット」には、東北など北や高地からの移動、
南下の情報が次々と寄せられています。

今年も昆虫館に立ち寄ってくれるといいな。
待ってるよ。

追伸:ヒメキマダラセセリ、ダイミョウセセリ、ジャコウアゲハなど、
さまざまなチョウが見られました。
f0177529_13164679.jpg

f0177529_13185652.jpg

f0177529_13165621.jpg

(報告、一日館長: 野村智範)
by konchukan1 | 2015-08-30 12:48 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)