佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

8月8、9日(土、日)の昆虫館

8日(土)一日館長:竹田真木生、サブ館長:清水典子、スタッフ:清水さんのご家族3人
9日(日)一日館長:竹田真木生、サブ館長:河村幸子
入館記帳者:8日116人、9日83人
計199人(瑠璃坊の観察ではプラス20人)

7日午後、野村先生にカギを開けていただき、
日立ハイテク製電子顕微鏡(走査型)がセットアップ完了。
f0177529_1929246.jpg

同社の寺田さんが、はるばる池袋から来られ、
両日とも電子顕微鏡の観察を中心に、濃密な時間を提供してくださいました。
蚊の顔は
f0177529_19283099.jpg

f0177529_19284698.jpg

撮影の材料は、幼虫を 含むエジプトからやってきたサソリ、
清水さんのご一家が交尾を観察したナナフシモドキとエダナナフシの卵、
オオムラサキのおちんちん、ホソオチョウなどです。
8日には、播磨新宿日本拳法道院と合気道院の子供たち28人が
バスで電顕を見に来ました。

ひらひらハウスではカブトムシがたくさんパイナップルをかじり、
こどもたちも周りでクワガタなどをつかまえていました。

いつもの風景が。
f0177529_218312.jpg

f0177529_2181536.jpg

f0177529_2182757.jpg


竹田先生の講義も。
f0177529_2155370.jpg

f0177529_2165923.jpg

f0177529_217181.jpg

f0177529_2174154.jpg


ジャコウアゲハが産卵に来ていまし た。
幼虫もいました。
f0177529_2142942.jpg

1日目の夜の灯火周りでは、毎年タガメが出てくる頃ですがまだ出ておらず、
見かけたのはガムシ、小さいゲンゴロウの仲間、
シロヒトリ、クワコ、アオスジカミキリ、ノコギリカミキリなどでした。

お絵かきも人気でした。
f0177529_2152198.jpg

f0177529_2153460.jpg


こどものキャッチにはハタケノウ マオイが入っていました。
トイレの方に行く出口の外の上の方にアシダカグモの
かなり大きい個体がいます。
お出かけの時は姿が見えませんが、戻ってきてそこで眠ります。
コンニャクの木も大きく育ってきています。

協力いただいたスタッフの皆さんは、混んでいたの大忙しの大奮闘でした。
清水坊やもありがとう。
野村先生からの伝言を書いておきます。
外の道具倉庫の方にヤマカガシが出没するそうで
できるだけ行かないようにとのことです。
出張中のカメに関する問いも出まし た。
ともかく、雰囲気とても盛り上がっています。
皆さんの奮闘のおかげです。
(報告、一日館長:竹田真木生)
by konchukan1 | 2015-08-13 19:19 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)