佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

8月1日(土)の昆虫館

一日館長:八田康弘、サブ館長:三木進、スタッフ:野村智範
天気:晴れ
入館記帳者:80人

午前9時過ぎ、
タガメの孵化を期待しながら昆虫館に着くと、
三木さんがすでに開館準備をされていて、
タガメが孵っているでと言われるので水槽を覗くと、
たくさんの幼虫が泳ぎ回っていました。


清水さんの報告によれば、
産卵は7月21日のようですから、10日間で孵化となるのでしょうか。
f0177529_1734345.jpg

親に捕まらないよう隔離しようと、
数を数えながら小さなプラスチックケースに何匹かずつ分けたところ、
約80匹いました。
f0177529_16505149.jpg

元の水槽にもまだ残っていますので、実数は、もう少し多いと思われます。

さっそくオタマジャクシを与えるとすぐに捕まえて、
体液を吸い始めました。
f0177529_1654234.jpg

オタマジャクシが入っていた水槽にも何匹かの幼虫を入れ、
急遽タガメの幼虫展示にしておきました。
f0177529_16585492.jpg

来館者は午前中から順調に来られ、
三木さんは前回同様、今日は大きな少女?相手に昆虫を触らせようと
熱心に取り組んでおられました。
f0177529_1659750.jpg


野村先生はたくさんのパイナップルを持って来られ、
網舎のカブトムシたちに与えてくれました。
f0177529_174065.jpg

「昆虫館 男の料理教室」=奥は清水レシピで昆虫ゼリーをチンする八田先生、
手前は美味しそうなパイナップルを切る野村先生(撮影:三木進)

昼前、神戸新聞社の写真撮影があるということで、
内藤先生が来られ、来館者とともに取材を受けておられました。

午後には、キャンプ場から来館した男の子達を相手に、
三木さんが「イモリ捕獲大会」を企画。
子供達は猛然張り切りだし、
最後には、私が急遽、最多捕獲者を表彰する役割となり、無事終了しました。
f0177529_1658118.jpg 表彰の記念撮影も









          

今日も1日暑く、
昆虫も暑すぎるのか、カラスアゲハ、アオスジアゲハ、コオニヤンマを見かけた程度でした。
(報告、一日館長:八田康弘)
by konchukan1 | 2015-07-30 16:47 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)