佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

7月12日(日)の昆虫館

一日館長:竹田真木生、サブ館長:野村智範
天気:晴れ
来館記帳者:65人

晴天に恵まれ、
多くの 来館者がありました。

オオミズアオを持つ女性の絵を描いてくださった
スガワラ さんもお友達3人と来館されました。

ムシの方のお迎えは、
外にスミナガシのか なり大きくなった幼虫、
ヤママユガの幼虫、ジャコウアゲハの蛹。
f0177529_21574790.jpg

ヒラヒラハウ スにオオムラサキ成虫、カブトムシはまだ。

こどもが、館内でコクワガタを数匹 捕まえていました。

花の方では、サンジャクバーベナが咲き誇っています。
ギボ ウシが咲きかかってきました。

ビオトープや館内でも赤銅色のオオセンチコガネ が飛び回っています。
f0177529_21582386.jpg

先々週も来たとおっしゃっていた親子はじめ、
常連客も増 えてきている感じです。
f0177529_21581068.jpg

外から、ヒラズゲンセイの成虫持ち込み2件。

ヘビトン ボ幼虫が孵化したので、
竹田がスズムシ幼虫を野村先生が川ですくったカゲロウ などを与えました。

ネットで見るとカゲロウ幼虫などを食すると書いています が、
サイズについてはわかりません。

それにしてもここに来る子供たちは幸せだ と思います。
スミナガシやアオバセセリやタガメが普通にいて、
時々ド派手なヒ ラズゲンセイや巨大なオオシモフリエダシャク幼虫などにも遭遇できます。
オオ ムラサキも普通にいるし。
f0177529_21584527.jpg

緑と子供たちの声が響くやわらかで平和なしじま。
こ の空間をみんなの善意で守っていきましょう。
f0177529_21583461.jpg

清水さんがいない昆虫館に野村先 生の大きな声が優しく響いています。
(報告、本文・一日館長:竹田真木生、写真・サブ館長:野村智範)
by konchukan1 | 2015-07-14 21:58 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)