佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

5月23日(土)の昆虫館

一日館長:近藤伸一、サブ館長:茂見節子
天気:曇り
記帳者数:14人

今の時期は春のムシが終わり、
夏のムシはまだ現れないムシの端境期で、
天候も曇り、
チョウの姿はほとんどなく、
モリアオガエルの声が響きわたる昆虫館でした。

クスサンやアサギマダラの幼虫は見られなくなっていましたが、
ひらひらハウスの前のウマノスズクサにジャコウアゲハの小さな幼虫がいました。
f0177529_1222281.jpg


来館者が少なかったので
茂見さんの紙芝居や
f0177529_12225047.jpg

お絵かきでゆっくりと昆虫館での一日を楽しんでいただけたと思います。
f0177529_122344.jpg


土曜日は昆虫館を独り占めできてお得ですよ。
ぜひ遊びに来てください。

オオムラサキの幼虫をひらひらハウスのエノキに放しました。
もう終齢になっているので、間もなく蛹になると思います。
f0177529_12234846.jpg

f0177529_1224027.jpg


るり坊がかわいいお友達を案内して昆虫館に来てくれました。

ミヤマハハソの花が咲きました。
f0177529_12252680.jpg

この季節、昆虫館はジャングルのように、よく茂っています。
f0177529_12261918.jpg


岡田さんが夜間採集のため白い幕をセットしたころ、
アカショウビンが鳴き交わす昆虫館を後にしました。
(報告、昆虫館:近藤伸一)
by konchukan1 | 2015-05-25 12:26 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)