佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

5月17日(日)の昆虫館

5月17日の昆虫館
 一日館長 久保・脇村 こども一日館長 脇村涼太郎
 
 この日は、「昆虫道場」の初日でもあり、内藤先生、八木先生をはじめとする道場スタッフの皆さん、道場門下生のご家族が朝から来館され、たいへん賑やかな開館になりました。
 道場の卒業生である脇村涼太郎君も、大きな網を手に、こども一日館長として頑張ってくれました。ずいぶんアゲハチョウをゲットしたようです。
f0177529_22343346.jpg

 ラボではお絵かきをしたり、
f0177529_22362595.jpg

 昆虫道場の門下生とともに標本作りをしたりと、大活躍です。

 よい天気にも恵まれて、黒系のアゲハチョウがたくさん飛び、道場生も来館者のお子さんたちも網を手にして大奮闘。全部で10頭以上の成果があったようです。クロアゲハ、オナガアゲハ、カラスアゲハ、モンキアゲハとジャコウアゲハ。新鮮で美しい個体が多かったようです。ほかにも、ウスバシロチョウやアサギマダラも見られました。
 
 昆虫館の庭では、アサギマダラの蛹、ジャコウアゲハの卵や幼虫も見られます。こちらは、羽化して間のない新鮮なヒメキマダラセセリ。葉の上でスクランブル発進の準備です。
f0177529_22374117.jpg


 クロカタビロオサムシも見られました。
f0177529_22383595.jpg


 午後には大江君も加わって、ラボは大にぎわいです。
f0177529_22392371.jpg

 そうそう、モリアオガエルの卵が、池や水路のあちこちに見られるようになりました。卵塊は全部で8個。これからまだまだ増えそうです。子供たちは、何とかしてモリアオガエルを見たい、捕まえたいと頑張っていましたが、声はすれども姿は見えず。なかなか捕獲できなかったようです。

 ハルゼミの声が、初めて聞かれました。6月に向かい、これからもどんどん、虫が増えそうな予感の昆虫館です。

Commented by 赤い旅人 at 2015-05-21 16:29 x
宍粟市の防火用水槽(コンクリート製)にもモリアオガエルの卵塊が沢山有りますヨ。
沢山のモリアオガエルもコンクリート壁にくっついています。
小学生には必見です。
Commented by konchukan1 at 2015-07-27 22:01
お返事が遅れて、大変失礼しました。
素敵な情報をありがとうございました。
by konchukan1 | 2015-05-18 22:40 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(2)