佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

1月29,30日(木・金)の昆虫館

佐用町昆虫館の越冬隊長、野村智範先生が2月1日(日)の瑠璃寺の護摩焚きを前に、
29日(木)と30日(金)の二日間、
館周辺の大掃除をしてくださいました。


雪が薄っすら積もっていました。
f0177529_14232440.jpg

f0177529_14214918.jpg

昨日は、瑠璃寺に向かって左側の側溝のそうじと、ビオトープの草刈りをしました。
f0177529_14122065.jpg

f0177529_14124286.jpg


今日は、向かって右側の側溝とビオトープ横の側溝のそうじ、
民家横の空き地の草刈りをしました。
f0177529_1418193.jpg

f0177529_14182543.jpg


空き地横の草刈りをした後、側溝のそうじが後10分ほどで終わる見込みになった時です。
「やや!」ホースほどの根がびっしり張っているではありませんか。
おそらく、側溝上の椿の根ではないかと思います。
細い根は、剪定バサミで切りながら、ジョレンでかきあげていたのですが、あと少しという時になって、手も足も出なくなってしまいました。
f0177529_14172467.jpg


タイムリミットの正午までには、余裕で終わる目論見が、もろくも崩れ去った瞬間でした。
仕方なく、短い後ろ髪をひかれる思いで昆虫館を後にした次第です。
「続きは、CM 2のあとで。」
明日、強力な枝切りバサミを携えてリベンジを試みます。

この画像を撮っているとき、
側溝の中の土の上で可愛げにえさをついばむヤマガラや、
なかよくけんかする子ザルたちの楽しそうな鳴き声。
雪に変わりそうな雨の中での作業でしたが、全く寒さを感じないくらい、
身体中はぽかぽかと温かく、心も温かくなるひとときでした。

寒さは厳しいですが、もう春です。
お日様の光は、確かに「春」です。
『立春』とはよく言ったものです。
畑のエンドウの伸び方が、12月頃とは確かに違います。
短く切った水菜の株から伸びる若い葉の伸び方に勢いがあります。

もう春です。
お菊虫も、アサギマダラの幼虫たちも、そしてイモリたちも皆さんを待っていますよ。
f0177529_14202751.jpg

f0177529_14204392.jpg


帰路、電柱の上で、とんびが交尾している姿を見つけました。
f0177529_14205845.jpg


生き物たちは、春を感じているのですね。
そう言えば、自宅周辺の山では、暗い内から、トラツグミの盛んに鳴き合う声が聞こえています。

2月1日(日)には、春を告げる瑠璃寺恒例の『護摩焚き』『鬼おい』行事があります。
瑠璃寺の住職をはじめ行者姿の人たちが、大絵馬の所を正午頃出発し、
行列をなして、護摩堂まで歩いて行くことになっています。
( 報告 : 野村智範 )
by konchukan1 | 2015-01-31 14:23 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)