佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

4月26日(土)の昆虫館

一日館長:齋籐泰彦
サブ館長:八田康弘
応援:清水哲哉、ルリ坊
天候:晴れ
記帳者:13人

朝から缶バッジの整理をしました。
種類ごとにケースに入れて、分類しました。
f0177529_19501061.jpg


全種類の缶バッジを、展示用のフェルト生地に付けて、
美しい幾何学模様を作ろうと、もくろんでいました。
1枚目かなり気合を入れて作業したのですが、出来上がりいまいち。
f0177529_19503477.jpg

気合を入れてやってこれなので、2枚目は適当にやりました。

先週は、ストーブがいるほどの寒さだったのに、今日はポカポカ陽気。
館内ではツマキチョウが緩やかに翔び、
コツバメや越冬組のタテハ類も多く見られました。
寺谷川の川筋には、ミヤマカラスアゲハも観察することができました。
羽化したばかりの、柔らかいキラキラした翅のトンボも、見ることができました。
まるで、5月の爽やかな風の中から生まれてきたようで、とても綺麗でした。
(あれ?まだ4月か!)
写真が下手で、まともに写っている写真、残念ながら1枚もありません。

明石市の井口康宏さんが来館され、ケースをたくさん頂戴しました。
井口さんは、5年くらい前にクワガタなどを飼育されていたそうで、
「コナラの粉も、あります」との事で、次回来館されるときに、持って来て下さるそうです。
f0177529_19514844.jpg


キベリハムシが孵化し、ナナフシモドキも生まれています。
f0177529_19521575.jpg


そうそう、清水さんが新しい仕掛けを作ってくれました。
f0177529_19522876.jpg

さあ、何がくるか、楽しみです。
(一日館長 齋籐泰彦)
by konchukan1 | 2014-04-26 19:52 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)