佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

「氷河時代の生き残り エゾゼミを観察しよう」実施しました

2011年8月16日(火)、兵庫県立六甲山自然保護センターを拠点に、「氷河時代の生き残り エゾゼミを観察しよう」を開催しました。
40名の予定でしたが、多くのお申し込みをいただき、64名の方が参加されました。
f0177529_6504229.jpg


最初は、本会正会員で、元大阪市立自然史博物館長・橿原市昆虫館友の会会長 宮武頼夫先生による、エゾゼミについてのお話。
f0177529_65054100.jpg


自然保護センター周辺には、いたるところに、エゾゼミがたくさん鳴いています。
f0177529_6584114.jpg


鮮やかな斑紋に、赤い眼が特徴です。高いところにいるので、つかまえるのは難しいです。
f0177529_6515394.jpg


ぬけがらは、探せばみつかります。
f0177529_6513181.jpg


「ぬけがらさがしペナントレース」最高点は、180ポイント(種類数×ぬけがら総数)でした。
f0177529_651204.jpg


みつかったセミは、その場で展示。
f0177529_6514135.jpg

さわって、遊んでみました。
f0177529_8171584.jpg

f0177529_8165852.jpg


エゾゼミのほか、アブラゼミ、ヒグラシ、ミンミンゼミをつかまえました。ニイニイゼミはぬけがらがみつかりました。クマゼミ、チッチゼミは、声をききました。ツクツクボウシはいませんでした。

当日のムービーもごらんください。エゾゼミの鳴き声をお楽しみいただけます。

六甲山自然保護センターに掲示される実施結果のポスターです(↓)。こちらからダウンロードいただけます(PDF1MB)。
f0177529_10231797.jpg



(八木 剛 記)
by konchukan1 | 2011-08-18 06:59 | こどもとむしの会のイベント | Comments(0)