佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

福島のこどもたちと虫を追う

8月2日(火)、明石公園で
福島県から避暑(避放射性物質)に来た、子ども達を対象に
昆虫教室と観察、採集会をひらきました。

「福島のこどもを招きたい!明石プロジェクト」の主催。
7月30日から8月11日まで、福島市や郡山市などから中学生~1歳児28人と、
幼児のお母さん、おばあさんらも明石に。

普段、外で思いっきり遊べない子ども達を明石に招き、
ピクニックや池でのボート、虫捕り、海でのカヌー、須磨水族園、
淡路への遠足と、とことん楽しんでもらおうとの企画。

2日午後、まずは皆が宿舎にしている
県の高校生のための宿泊施設「あさぎり寮」で昆虫教室。
f0177529_18323931.jpg


しっかりメッセージを込めて、虫の観察に園内へ。
朝の5時から起きてカブトムシ探しをしている子ども達だけに、
みんな生き生きと、福島では見られないクマゼミを取ったり、シオカラトンボを採ったり。

f0177529_18352327.jpg

チョウでは、
アオスジアゲハやゴマダラチョウ、ムラサキシジミ、ヤマトシジミまでゲットしました。

最後に、「ありがとう」の言葉を添えて、全て逃がしました。

ナチスの時代、
こどもたちが押し込められた部屋には、
チョウの絵が書かれていたそうです。

開放のシンボルなのです。

3日の神戸新聞・明石版に紹介されていました。
f0177529_18434799.jpg


(三木進)
by konchukan1 | 2011-08-04 18:44 | 東北支援 | Comments(0)