佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

22日(日)の昆虫館

一日館長:八田康弘
スタッフ:刈田悟史 野村智範 

来館者数:記帳者43名(兵庫県36人 大阪吹田茨木7名)

福崎を過ぎる頃から大雨で、
今日は大雨警報が出て、
一日昆虫館も暇かなと思っていましたが、
山崎に着く頃から雨もやみ、昼前には日差しが覗くようになりました。
昆虫館への道すがらあちこちでジャケツイバラの黄色い花が見られました。

雨の後もあって、
昆虫館付近ではカジカガエルやモリアオガエルの鳴き声も聞こえ、
カタツムリもさかんに動きまわっていました。

刈田さんが飼育されていたアカボシゴマダラを展示用に持ってこられ、
野村先生がアザミを植えにこられました。

来館者も途絶えることなくお絵かきをしたり、
f0177529_22512541.jpg
クサガメと遊んだり、
f0177529_22483677.jpg

清水さんの立体写真を見たりと楽しんでおられました。
f0177529_22545960.jpg


朝から、
アクアリウムの中ではクロスジギンヤンマが羽化したり、
f0177529_22492015.jpg

タガメがコオイムシを捕まえたりと観察する場面も豊富でした。

昆虫館のビナンカズラにはたくさんのキベリハムシの幼虫がいました。
昼前ルリ坊と妹のはるかちゃんが来て
ニホンカワトンボやウスバシロチョウを採集し、
f0177529_2250563.jpg
f0177529_22501424.jpg

午後から来られた東さんがニホンカワトンボの5つのタイプについて
のお話しをしてくださり勉強になりました。
瑠璃寺の池でモリアオガエルの卵が産卵されているとのルリ坊の情報で、
野村先生に昆虫館の留守番を頼み、
刈田さんとルリ坊とはるかちゃんで
見に行きました。
f0177529_22504354.jpg

クリンソウが満開でモリアオガエルのメスも見ることができ、
池に落ちた卵にさっそくイモリが寄ってきたりと大雨で始まった1日でしたが、
見るものの多い昆虫館の1日でした。







八田 康弘
by konchukan1 | 2011-05-18 22:52 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)