佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

2月14日の活動報告

バレンタインデーというピンキーな日にも関わらず、10名以上の方が参加されました。
休憩の時間に出てきたチョコレートが妙に虚しく感じました・・・。

船越産カブトムシの幼虫を腐葉土から掘り出し、昆虫館管理の飼育箱に移す作業から入りました。

僕らは、いもりクネクネ池の整備を行いました。整備といっても土を足しただけです。
3つに区切られた池を、それぞれの水深を「浅い」「中くらい」「深い」に分けました。
遷移を表現したいとかいう案もありましたが、どうなるかわかりません。

土は、川や土手から採取してきました。
土手を掘り返している際、ハンミョウの新成虫がちらほら出てきました。
ゴミムシと同じように秋に羽化し、そのまま越冬するそうです。
ハンミョウはごく普通に見られる虫ですが、虫に飢えてる皆様はちょっと湧きました。

ハンミョウの赤紋をなんとか残したい!という議論もありました。
亜硫酸ガスを使っても、生きてるときのような美しさは保てないそうです・・・。



壁一面を被っているキジョランを片付けることにしました。
f0177529_00413.jpg



根元別にキジョランをまとめて、アーチにしています。
f0177529_002971.jpg



新設されたフェンスには、ビナンカズラなどの虫用の植物を巻きつける予定です。
個人的な意見ですが、ぜひともキカラスウリ・カラスウリも植えて欲しいです!!


皆で背が高くなりすぎた木を切って調整してます。思い切って伐採しました。
f0177529_01713.jpg


f0177529_015774.jpg

↑何をしてるのか、よくわからないと思います。

木の枝が電話線に接触していたので、それを切り取っています。
切り取った枝が電話線に落下する可能性がきわめて高かったので、その辺に落ちてたハシゴで電話線を引っ掛けて、木から避けています。ハシゴくそ重かったです。
今思えば長竿で対応すればよかったような・・・


4つ前の記事にあったマレーゼトラップですが、ディプテラ(ハエ・アブ)しか入ってませんでした。
つまらないという理由で撤去されてました。
中の虫は、めんどくさいという理由で回収されてませんでした。


他には、ほたるピカピカ池の掃除、イモリくねくね池の改装、川側の鹿避けネットの設置、追加工事のための意見交換などが行われました。
トイレは、新しい方法の提案があり、町、業者と検討し、改めて報告します。


皆様、お疲れさまでした m(._.)m

(以上 安達)
by konchukan1 | 2010-02-18 01:31 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)