佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

昆虫館の被災・復旧の状況(3)ミツバチを救出

2009年8月21日(金)夕刻から夜にかけて、佐用町昆虫館に残されていた最後の生き物、ミツバチの救出・移設を行いました。

移設先は、兵庫県立三木山森林公園です。快く受け入れてくださり、展示台までつくってくださった、三木山森林公園関係者のご厚意に感謝いたします。

昆虫館ポンプ室の上にあった第一群は健在、第二群は、床上浸水、一部損壊くらいでしょうか。下の巣箱に泥が流入し、重くなっていました。蜜で重かったらよかったのにね。

三木山森林公園のミツバチは、森の文化館展示ホールの裏手、まるでミツバチのために用意されたかのような空間に置かれ、来園者は室内からガラス越しに、安全、快適に、ハチさんの活躍を観察することができます。8月22日から観察が可能です。室内から見て手前側に高く置いた方が第一群です。

激しい夕立のさなか、巣箱が傾いた第2群をメンテナンス。大谷先生、何発か刺されておられました。夕立のおかげでハチは早く巣に戻っていたので、日没を待たずに出入り口を閉めることができました。
f0177529_2283628.jpg


廊下部分は土砂が除去されており、楽にフタ閉め作業ができました。
f0177529_228484.jpg


18:00頃、ひとはくの車に積み込み完了。
f0177529_2285881.jpg


20:00頃、三木山森林公園到着。すでに暗くなっています。開封を確認しました。
f0177529_229815.jpg


翌8月22日のようすです。こんな感じで観察できます。
f0177529_2293185.jpg


ミツバチも元気です。
8月29日(土)13:00から、大谷先生によるミツバチのメンテナンス実演があります。お楽しみに。
f0177529_2292215.jpg


(大谷・近藤・八木)
by konchukan1 | 2009-08-23 21:17 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)