佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

2017年6月25日
一日館長:竹田真木生、サブ館長:岡田浩資
スタッフ:野村智範、末宗安之
天気:雨時々曇り後雨
来館記載者:111名

朝は雨が降っており、今日は人は少ないと思いきや、蓋を
開けてみると記帳者111名でした。
スタッフは私と岡田さん。岡田さんはもっと
いたような気がするといっていました。

f0177529_21150600.jpg
午前中五組が同時に来訪し、30人以上が一団で来られたので対応が大変でしたが、みなかわいい、いい子ばかりで、楽しく虫に触り、お絵かきを楽しんで帰られました。
午後も昼過ぎから多数の来訪者
がありましたが、雨で帰るに帰れず困っていました。
f0177529_21160246.jpg


f0177529_21163519.jpg
午前中に(近所の?)年配
の方が採集した標本をもって訪れられ、話してかえられました。
アオカミキリな
どあまり見ないものも入っていました。
子供たちにはヘラクレス(元気)、オオ
クワガタ、ヒラタクワガタ、マダガスカルゴキブリ、ヤモリなどが人気。タガメのお食事も目撃し、大きな歓声が上がっていました。
福建省のオオクワが元気がなく介護が必要
か?
久保さんが持ってこられて、20cmくらいのところに置いた標本箱の上に
子供が膝をついてガラスが割れましたが、怪我はなし。
途中、末宗先生、野村先
生が来訪され、名調子の講義。網室では柞蚕が蛹化し繭がいくつかぶら下がっていましたがカブトムシは不作のよう。
モリアオガエルの卵のある辺りの石の道にウマノスズクサが多数花を落としていました。


f0177529_21171605.jpg

f0177529_21174174.jpg



f0177529_21205990.jpg
ギボウシの花は白かったと思っ

ていましたが、うっすら紫の色がついています。ヒトの記憶などあてにならないもの。

f0177529_21220127.jpg
さて、最後の怪獣の写真は何でしょう?カニかなあ?足が4対あるぞ。カニなら十脚類だから5対だね。さあてなんだと思う?

(報告:竹田真木生)


# by konchukan1 | 2017-06-26 21:29 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

 24・25日の一泊二日で、「スーパーむしむしキャンプ」が開かれました。場所は、兵庫県三田市のキャンプ場です。

f0177529_19551388.jpg


 参加者はこどもたちだけで80人、ご家族を含めると総勢150人の『大むしとりキャンプ』です。コーディネートは三田市の有馬富士自然学習園。キャンプのお手伝いは、県立人と自然の博物館スタッフ、関西の全昆虫館~橿原市昆虫館、伊丹市昆虫館、箕面昆虫館、そして佐用町昆虫館~のスタッフという豪華版です。

 午後の集合にもかかわらず、午前中から会場に集まり始めたこどもたちは、すでに全開モード。それぞれに自慢の採集道具を手に、早くも興奮状態です。その写真をここに貼れたらいいんですが、なんとこのワタシも久々の虫採りに興奮状態で、写真を撮るのをすっかりわすれていました(あほかいな)。

 ともあれ集合して、いろんな注意を聞いた後で、網を手にキャンプ場の裏山を回って川のそばを通るルートの確認。そしてあとは、夜まで自由に虫を採るという、虫好きのこどもたちにとっては夢のような一日が始まったのでした。

 そして最大のイベントは24日の夜。各昆虫館とひとはくのスタッフが設営した3カ所のライトトラップが点灯されると、こどもたちは釘付けです。

 
f0177529_2021460.jpg


 おどろいたことに、さすがは昆虫大好き少年少女。まったく偏見をもたずに、虫という虫に興味津々です。「蛾は気持ち悪い~」なんていう子が多いのかと思いきや、ほとんどの子が、平気で手づかみ(だから鱗粉ははげてしまうんですが)で採集です。

 
f0177529_2041366.jpg


 でもやっぱり人気はクワガタです。カブトムシを採りたい子も多かったのですが、残念ながらカブトムシには少し早すぎたかもしれません。それでも、ミヤマ、ノコギリ、コクワは、多くの子が採集していました。

 途中、雨が降り出したのですが、こどもたちは雨でも平気。合羽に身を固め、あるいはずぶぬれになりながらライトトラップの前を離れませんでした。なんと真夜中まで頑張った子もいたんですよ。

 25日は朝から雨だったので、ホールに集まって、みんなが採集した虫を見比べたり、

f0177529_2074766.jpg
 

f0177529_2073798.jpg


 顕微鏡をのそきこんだり、

f0177529_2092195.jpg


 お絵かきをしたりして楽しみました。

f0177529_20101353.jpg


 どうです?ここもたちの作品は。

f0177529_20104635.jpg

f0177529_2011339.jpg

f0177529_201117100.jpg


 こどもたちと虫採りをしてたのしいやら、鋭い質問攻めにタジタジになるやら、本当に楽しく、忙しく、素敵な2日間でした。

 これから夏も本番。虫の季節はまだまだ続きます。佐用町昆虫館では、たっくさんの虫たちが、みんなをまっていますよ!!!
 
# by konchukan1 | 2017-06-25 20:14 | こどもとむしの会のイベント | Comments(1)
一日館長:末宗安之、サブ館長:茂見節子
スタッフ:大江峻弘(るり坊)
来館記載者:31名
天気:曇り時々晴れ

思ったよりも好天に恵まれた朝です。夕方まで雨は降らない予報でした。
f0177529_21564757.jpg
9時頃に昆虫館に到着すると、早速屋根の上を悠々と飛び回るアサギマダラを確認。
また、旧入り口付近で今年大発生したキアシドクガの成虫を確認。(注:毒はない種類です)

f0177529_22020080.jpg
茂見さんが館内の掃除をしてくださり、大江君(るり坊)もクワガタやナナフシ、カイコの餌を交換して準備万端。
10時頃には谷間のシオジの周りを敏速に飛ぶゼフィルス(ミドリシジミの仲間)を目撃。
ヒロオビミドリシジミか、メスアカミドリシジミの可能性が高いのですが、採集できず、種類は未確認のままです。


今日も10時過ぎから家族連れの方々が途切れなく来館して下さいました。
彼はニジイロクワガタが大好き。
f0177529_22065061.jpg

彼はがんばってヘラクレスオオカブトを持ち上げて家族に写真を撮ってもらいました。
f0177529_22075125.jpg


彼女は好奇心旺盛で、予想外のオオムラサキのサナギの振動にびっくりしたり感動したり。

f0177529_22110472.jpg

彼女は最初はチビクワガタから触り、徐々に大型クワガタに慣れてきました。

f0177529_22142040.jpg


ご家族みんなでマダガスカルオオゴキブリやヤモリの感触を楽しんで下さいました。
f0177529_22161155.jpg

f0177529_23005777.jpg
彼らはオオゴキブリやヤモリを積極的に触って楽しんでいました。

f0177529_22175856.jpg

昆虫館周辺で、たくさんのカミキリムシやコガネムシを採集し、自分で種名を調べることをしっかりがんばっていたお兄さん。弟や妹と共にゆっくりと楽しんでくれました。

 午後から曇りになり、飛来する昆虫も少なめでしたが、ミスジチョウ、ムラサキシジミ、イシガケチョウを目撃。
 特にイシガケチョウは今年初めて確認できました。
モリアオガエルの卵塊も、新たに増えていました。
飼育ケースのカブトムシのさなぎの様子を大江君が確認。多くの個体が7月頃には成虫になると思います。
梅雨の時期ですが、館内のお絵かきコーナーも楽しく過ごせます。
生きたクワガタ、カブトムシ、ゲンゴロウやタガメも目の前で観察できる佐用町昆虫館にぜひお越し下さい。

(報告:末宗安之)






# by konchukan1 | 2017-06-24 22:35 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
f0177529_21222193.jpg


f0177529_21305645.jpg



f0177529_22280559.jpg



f0177529_22272901.jpg


# by konchukan1 | 2017-06-21 21:55 | 一日館長 | Comments(0)
2017年6月18日(日)
一日館長:岡田 浩資、サブ館長:八田 康弘
スタッフ :斎藤 泰彦、 野村 智範
天気:晴れのち曇り

来館記載者:131名


本日 昆虫館に午前6時半位に到着しました。
晴れてはいましたが、まだ少し肌寒く感じました。時間が経つと共に気温も上がり湿度も高くなってきました。
 暫くすると斎藤さんが来てくださいました。
早速 モリアオガエルの卵塊からオタマジャクシが羽化する様子を観察できるように展示してくださいました。

f0177529_18522172.jpg
f0177529_18531034.jpg


午前中は、来館者も少なくゆったりと過ごせました。
昼過ぎあたりから来館者も増え館内外共に賑やかになりました。

f0177529_18560922.jpg
昨年も来られていたリピーターの女の子も、ヘラクレスオオカブト クワガタムシを手にし喜んでくれました。
f0177529_18554684.jpg

館外では、斎藤さん野村さんの二者会談から八田さんも加わり三者会談になり話が盛り上がってました。
f0177529_18562566.jpg

閉館後 ヤマカガシがモリアオガエルを捕えてました。モリアオガエルも必死で抵抗してましたが、やはり勝てなかったようです。

(報告:岡田浩資)


# by konchukan1 | 2017-06-19 18:57 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)