8月の一日館長、サブ館長

8月の一日館長、サブ館長です。
f0177529_22365911.jpg

# by konchukan1 | 2016-08-28 16:22 | 一日館長 | Trackback | Comments(0)

8月4日(木)「むしのおえかき」 ~神戸市立神出児童館 2016~

昨日の有瀬児童館でのおえかきに続き、今日は神戸市西区の北の端、神出児童館に出かけました。
神出児童館も昨年秋の「むしのおえかき」で訪れた児童館です。昨年のおえかきがとても好評だったそうで「ぜひ今年も。」と呼んでくださいました。子どもたちも2年目なので、手慣れたものです。
それなら・・・と近藤さん。今回は、まず展翅前のシールバッグに入った昆虫をこどもたちに描いてもらおうと用意。整えられた虫とは違う表情のある虫の絵ができあがるのが楽しみです。
f0177529_23095866.jpg
「どれにしよう?」「これがいいかな?」「わたし、これにします!」

f0177529_23103174.jpg
よ~く観察して描いてますね。
f0177529_23110856.jpg
「う~ん。ここがこうなって・・・」

f0177529_23112631.jpg
みんな、よく観察して描いてます。表情の違うチョウがいっぱい生まれました。



f0177529_23140899.jpg
次は展翅したものを描いてもいいですよ。男の子は甲虫に集まります。

f0177529_23114229.jpg
みんな、真剣です!

f0177529_23115906.jpg
去年よりぐっと背が伸びた彼。ミヤマが4つ切りの画用紙に収まりきらない!



午前中の2時間ほどで、ステキな虫をいっぱい描いてくれました。

f0177529_23151835.jpg
ヤンマの翅脈は細かく美しく、クマバチの背中の密な毛もていねいだし、踊っているようにきれいな色のキチョウ!どれも力作です。

f0177529_23153434.jpg
「バッタを描くだけじゃダメダメ」と、草原を羽ばたいて飛んでいる様子を想像して描いてくれています。タガメは、水の中で暴れて水しぶきをあげています。どちらも、たのしくって いい感じですね!

f0177529_23162430.jpg
クワガタ2様。ふたりとも、よーく観察して描いてくれています。
f0177529_23155991.jpg
こういうのもかわいいですね!

f0177529_23174981.jpg

この男の子、去年も最後まで粘って描いてくれたこと覚えてるけど、今年もじっくり描いてくれました。

f0177529_23172076.jpg

たっぷり時間をかけて、がんばって最後までしっかり描きあげてくれたふたりです。一生懸命描いたので つかれちゃったね。さぁ、お昼休憩にしましょう!



       *********************


午後からは、みんなの大きな絵を仕上げていきます。
f0177529_23183946.jpg

自分の描いた絵をハサミで切っていきます。

f0177529_23190051.jpg
イニシャルのサインを入れて(今年も英語だ!と大騒ぎでした)のりではります!
f0177529_23192884.jpg
「クワガタ対決!戦わせようぜ!」


f0177529_23195777.jpg

立派なみんなの虫絵巻ができあがりました。




f0177529_23221695.jpg
「おえかき」が終わった後、先生方がみんなの絵を児童館中にはっていかれます。児童館がみんなの絵で、昆虫館に大変身です!


おえかき2年目ということで、子どもたちはどんどん作業を進めてくれました。去年も参加した子たちは、今回の「おえかき」を楽しみにしていてくれたようで、その気持ちがガンガン伝わってきました。みんなとても集中していて、不思議なぐらいしーんとしていました。できあがった絵は、どれも力作です。「みんな、いい絵を描いてますね。」と近藤先生。今年も楽しいむしむしな1日になりました。神出児童館のみなさん!たくさんの虫の絵を、ありがとう!



参加者 : 小学生 20名
こどもとむしの会スタッフ : 近藤 伸一 ・ 吉岡 朋子 (報告:吉岡)


# by konchukan1 | 2016-08-22 19:47 | いどうこんちゅうかん | Trackback | Comments(0)

8月21日(日)の昆虫館

一日館長:八田康弘、サブ館長:岡田浩資
スタッフ:齋藤泰彦 応援:大江峻弘
天気:晴れ
来館者:126人



夏休みも残すところ10日となり、
小学生は宿題の追い込みで
昆虫館も少なめかなと思っていましたが、

午後になって一気に来館者が増え、
熱気で館内の室温が急に上昇し、汗ばむ状況でした。
f0177529_22483077.jpg


岡田さんが持参したオオクワガタの産卵セットの割り出しをされて、
ちょうど来館された方はその様子を見ることができました。
f0177529_22492855.jpg
f0177529_22493762.jpg


採集された昆虫を持参され、
標本の作り方を教えて欲しいという来館者がおられて、
齋藤さんが熱心に指導されていました。
f0177529_2250551.jpg


お絵描きも盛況で、
昆虫に飽き足らず、ヘビやトカゲをスケッチする子もいました。
f0177529_2250271.jpg


神戸ではスズムシが鳴き始めていますが、
昆虫館のスズムシは今日やっと脱皮をして成虫になるものがいました。
f0177529_22504776.jpg


f0177529_2251795.jpg
先週見かけたカジカガエルのメスは今日も樹上にいました。
カジカガエルは、ずっと川にいるものと思っていましたが、
モリアオガエルと同じアオガエル科なので、
思っている以上に川周辺の森で生活しているのかもしれません。

スミナガシの幼虫もまだ小さいですが、
何個体か見かけました。
f0177529_22515161.jpg


カラスアゲハ、コミスジ、セセリチョウの仲間と、
相変わらず昆虫館は自然がいっぱいです。
(報告、一日館長:八田康弘)

# by konchukan1 | 2016-08-21 22:52 | 佐用町昆虫館日誌 | Trackback | Comments(0)

8月20日(土)の昆虫館

一日館長:三木進、サブ館長:三木幸子
天気:晴れ
入館者:76人

午前9時過ぎに行くと、
さまざまなチョウが園庭に。
ヒメキマダラセセリが朝日に!
f0177529_19164323.jpg


相方は、
朝から掃除に追われていました。

いつも通り、クワガタやマダガスカルゴキブリが人気。
f0177529_19174033.jpg

f0177529_19182575.jpg


スズムシの里親には、
5組が名乗りを挙げてくれました。
f0177529_1919961.jpg
みんな、大切に育ててくれるでしょう。お母様が写真を撮って下さいました。
よく気の付く方で、ついはしゃいでしまいました。ありがとうございました。

そして夏休みは、帰省の皆様でも、にぎわいます。
東は東京、大阪。
西は香川、岡山、広島、鳥取、福岡。

この日のトピックスは、何と言っても2人の素晴らしい昆虫少年に出会えたこと。
自分でクロアゲハをゲット。
ほとんどの虫が同定できます。
f0177529_19205665.jpg

もう一人は、静かなる観察者!
f0177529_19213171.jpg


「飼っていたミヤマクワガタが死んだので」などと、
標本づくりの依頼が4件もありました。
子ども以上にお父さんが「おまえ、よかったなあ」と
何度も、言って下さったり、
「ここ気に入った。満喫する」と宣言する子どももいて、
励まされました。


外国産のクワガタやカブトムシではなく、
日本の昆虫に、情熱と知識を持った子供たちが生まれつつあります。
佐用町昆虫館の将来を担ってくれることでしょう。



お盆の連続開館から、
秋の穏やかな昆虫館へと移りつつあるようです。
(報告、一日館長:三木進)

# by konchukan1 | 2016-08-21 19:25 | 佐用町昆虫館日誌 | Trackback | Comments(0)

8月7日(日)「いどうこんちゅうかん」~ しあわせの村 2016 ~

2012年から呼んでいただいて、5年目のしあわせの村(神戸市北区)での「いどうこんちゅうかん」です。
例年通り、会場は温泉健康センターのロビーです。

f0177529_23372649.jpg


たくさんの人が訪れてくださいました。始まってすぐにカブトムシやイモリの前には人だかりが!
f0177529_23384294.jpg


f0177529_23403220.jpg
初めて見るヘラクレスオオカブトを真剣に見つめていました。

f0177529_23404925.jpg
ニジイロクワガタです。


f0177529_23411048.jpg
へラクレスオオカブトはお父さん方にも大人気‼

f0177529_23381413.jpg
虫が好きな子も苦手な子も標本を見て色をぬりぬり



f0177529_23401077.jpg
「みんな虫さんをやさしく触れるかなー?」とお約束中です。

f0177529_23375589.jpg
いっぱい蝉を並べて「お母さんみてみてー。」って

f0177529_23391374.jpg
アブラゼミを両手に持ってハイチーズ!もうセミは持てるね。

f0177529_23393680.jpg
上手に持てるかな? 虫を触れる女の子がチョウの持ち方を教えてくれてます。


海外の方も来てくださったのですが、イモリやタガメ、クワガタを英語で説明できなくて、携帯で調べて見せるという奥の手をしました。勉強しなくてはいけないなーとしみじみ感じました。

昨日からしあわせの村で盲学校のキャンプがあったらしく、その帰りに寄ってくれた子がいました。目がみえないけど、興味津々で、虫の一つ一つを触れて確かめていました。また、色や形を何度も聞いて、違いを確認していました。蝉の羽の動きを感じて「わぁーバタバタしてるー!」ってとても嬉しそうでした。一生懸命感じようとしてくれてとても嬉しかったです。



f0177529_23415425.jpg
外は暑かったですが、たくさんの方にお越しいただけてとても嬉しかったです。
まだまだセミは鳴いていますので、ぜひむしとりをしてみてはどうでしょうか?


体験者数 : 約150人
こどもとむしの会スタッフ : 近藤伸一 吉岡朋子 中瀬大地 宇野宏樹 中谷朱里(報告:中谷)



# by konchukan1 | 2016-08-18 13:29 | いどうこんちゅうかん | Trackback | Comments(1)