10月の一日館長、サブ館長

f0177529_15333926.jpg




f0177529_12155785.jpg

# by konchukan1 | 2016-09-28 16:22 | 一日館長 | Trackback | Comments(0)

9月25日(日)の昆虫館

一日館長:岡田浩資
サブ館長:三木 進
天気:曇り後 雨
来館者:68人

9時過ぎ、
昆虫館に到着し、
開館準備を始めると、三木さんも合流。
二人で準備をしました。

本日の予定はただ一つ、
カブトムシ幼虫のマット交換です。
まず、ケース内の幼虫をバケツに移動させます。
f0177529_21511733.jpg

f0177529_21385471.jpg


土に変わったマットは、
庭木の肥料にと木の根元にまきました。
まだ、使えそうなマットは、
網舎のカブトムシ養殖場へ移しました。
f0177529_21392061.jpg


昼前になるとご家族連れの来館者が増え、
みなさんと一緒にマット交換を進めていきました。
f0177529_2139522.jpg


f0177529_21495868.jpg

協力していただいた来館者様のおかげで、
本日の予定を終えることができました。
ありがとうございます。

交換したマットは、少々 発酵臭がしたため、
すぐには、幼虫を入れずにガス抜きをすることにしました。
f0177529_21403997.jpg


9月末だというのに、
こんなに賑やか。
f0177529_21524560.jpg


その後、お絵書きやクワガタ達と触れ合いながら、楽しくすごしました。
f0177529_21411746.jpg

f0177529_21415117.jpg

f0177529_21513968.jpg

閉館前にカブトムシの幼虫を新しいマットに移動させ帰宅しました。

PS
   内藤先生ご夫妻が、激励に来られ
    差し入れてくださったジンジャー入りのカップケーキがとてもおいしく、
   50リットル×7のマット交換と作業がきつかっただけに、
   私も三木さんも大感激でした。
   内藤先生、奥様、本当にありがとうございました。

(報告、一日館長:岡田浩資)

# by konchukan1 | 2016-09-25 21:56 | Trackback | Comments(0)

9月24日(土)の昆虫館

1日館長:末宗安之、サブ館長:近藤伸一
天気:晴れ後曇り
入館記帳者:27人

朝から秋らしい晴れ間が広がりました。
f0177529_21423091.jpg


昆虫館入り口も日差しを受けて、
すでに開館前からコミスジやウラギンシジミが飛来しました。
f0177529_21431495.jpg


昆虫館南側のビオトープには
ヒメアカネが飛来してきました。
f0177529_21442897.jpg


今日も家族連れの皆さんが
開館と同時に来てくれました。
まだまだ、クワガタムシは元気です。
このギラファノコギリは本当に長生きです。

彼は、いろいろな生き物に興味津々でした。
f0177529_21454921.jpg

昆虫館のスタンプを
きれいに押してくれた兄妹です。
楽しそうでした!
f0177529_21464688.jpg

清水さん作成の
立体画像も家族みんなで楽しんでくれました。
f0177529_22125100.jpg


彼は展示している全てのクワガタムシやカブトムシの姿を
じっくりと観察してくれました。
セアカフタマタクワガタの♀がお気に入りでした。
f0177529_21493039.jpg


バッタが大好きな彼は
虫の原っぱでクルマバッタ、クルマバッタモドキ、イボバッタ、コバネイナゴなど、
さまざまバッタを採集して楽しんでいました。
ここで一日館長・末宗はツマグロキチョウを確認しました。
f0177529_2150121.jpg


今日はリピーターの方も多く、
彼は、アオバセセリ幼虫やブッドレアに飛来したミドリヒョウモン♀を
じっくりと観察してくれました。
f0177529_21504175.jpg



私たちスタッフが驚いたのが、この兄妹が昆虫館周辺で採集してきた蝶。
なんとクモガタヒョウモン♀とスジボソヤマキチョウ♂。
どちらもめったに出会えません。
さりげなく採集しているので感心しました。
f0177529_21513966.jpg


お父さん、お母さんはヒメカマキリを見つけて観察してくれました。
f0177529_21515881.jpg


今日は館内にタカネトンボ、ニホンミツバチが迷い込みました。
f0177529_21521234.jpg


サブ館長の近藤画伯による
テントウムシがたくさん描かれたイラストの
製作途中の原画を見せてもらうことができました。
完成したら、ぜひ紹介したい力作でした。
 
昆虫館周辺では他にミヤマカラスアゲハ、ナミアゲハ、ツマグロヒョウモンなどを確認。
ツマグロキチョウはまだ新鮮だったので、
今後もう少し出会える機会が増えるかもしれません。

涼しくなり、一日楽しめる佐用町昆虫館にぜひお越し下さい。

 (報告、一日館長:末宗安之)

# by konchukan1 | 2016-09-24 21:47 | 佐用町昆虫館日誌 | Trackback | Comments(0)

9月22日(木・祝)の昆虫館

一日館長:三木進、サブ館長:野村智範
スタッフ:岡田浩資、 齋藤泰彦、刈田悟史
天気:強い雨のち小ぶり
入館者:12人

明石を出た時は、小雨だったが、
八重谷峠を越えて佐用に入ると本ぶり。
午前9時過ぎ、昆虫館に着くと土砂ぶりに。
f0177529_13503146.jpg



すでに齋藤さん、野村先生が開館準備を終え、
「さっきまでは、それほどふってなかった」とのこと。

入館者への対応はお二人に任せて、
さっそくカブトムシの幼虫のマット交換を進めた。

大きな飼育ケースから、幼虫を取出し、
古いマットは、植物の肥やしに。
合羽に着替えて、雨を避けながら、
一人作業していると岡田さんの到着。

作業は一気に進んだ。
f0177529_13294467.jpg
マットを入れ、
ガスや発酵の際の余熱が治まるのを待って、分けておいた幼虫を入れる。
f0177529_13312396.jpg

f0177529_1331417.jpg


なにせ今、昆虫館には
館で生まれたのと、 齋藤さんが持ち込んでくれたのを
合わせると、1000頭を超える幼虫がいる。
この日だけで50リットル×5、70リットル×1の計320リットルもの
マットを交換。
雨中の作業は、とても大変でした。

それでも来年夏に、カブトムシの網舎に
今年の340頭を上回る500頭ほどを放そうと思うと、
ない力が、意欲がわいてきます。

入館者は4組12人でしたが、
遠くから来られた方もあり、
長い時間、体験されました。
f0177529_134010100.jpg
魚を観察したり、
f0177529_13403668.jpg

f0177529_13404580.jpg

ラボでクワガタやイモリに触ったり。

午後から刈田さんが、応援に来てくださり、
カウンターで説明。
f0177529_13422123.jpg

総監督は、この日も檄を飛ばす。
f0177529_1342597.jpg


最後は、飼育ケースを洗い、
f0177529_13434016.jpg
f0177529_1344568.jpg
掃除をする。

入館者に記念撮影してもらいました。
f0177529_13445484.jpg

ありがとうございました。


(報告、一日館長:三木進)

# by konchukan1 | 2016-09-23 13:45 | 佐用町昆虫館日誌 | Trackback | Comments(0)

9月19日(月・祝)の昆虫館

1日館長:末宗安之、サブ館長:久保弘幸
天気:曇り後雨
入館記帳者:29人

3連休の最終日、「敬老の日」です。
昨日の激しい雨の影響が心配でしたが、
朝9時頃には雨があがり、時々日差しもありました。

昆虫館の駐車場では、
すでにパトロール中のトンボの影があります。
撮影できませんでしたが、
カトリヤンマ、ミルンヤンマ、タカネトンボが確認できました。

サブ館長の久保さんと娘さんも掃除をして下さり、
開館準備をすることができました。
 
f0177529_21464091.jpg
 
今日も10時頃から来館者の方が途切れることなく訪れてくれました。
但馬から来て下さったご家族の皆さんは連日の来館です。

f0177529_21484639.jpg
 
f0177529_2149760.jpg

久保さんが、天寿をまっとうした、
クワガタムシの標本づくり教室を開いてくれました。
お湯で関節を柔らかくしてから発泡スチロール板の上で展足をして形を整えると、
とてもかっこよく見えます。
画像はミヤマクワガタです。

f0177529_21514394.jpg

昼頃にはだんだん空が暗くなって来ましたが、
みんなでトンボ採りに出かけました。
ウスバキトンボをどんどん採集できる抜群の腕前のお母さんのお陰で、
かごの中に入れることができて大変満足してくれました。

f0177529_21524091.jpg

今日もアオバセセリの幼虫が
巣から出てきてミヤマハハソの葉をどんどん食べていました。

f0177529_21532799.jpg

午後になり、雨が降ってきましたが、
館内で楽しんで下さる家族の方々が長く滞在してくれました。
久保さんが食虫植物も展示してくれました。


彼は久保さんが持ってきてくれたカラスアゲハを展翅しました。
f0177529_21544447.jpg


f0177529_21553756.jpg

少し怖いけど、マダガスカルゴキブリを手に乗せることができた彼は満足そうです。

昆虫館周辺ではアキアカネを今年初めて確認しました。
他にオナガサナエ、ヒメアカネ、ツマグロヒョウモン、アオスジアゲハ、オオセンチコガネを確認。

産卵されたカブトムシの卵も孵化して幼虫が大きくなってきました。
秋のトンボの種類が増えてきました。
ぜひ佐用町昆虫館にお越し下さい。

(報告、一日館長:末宗安之)

# by konchukan1 | 2016-09-19 21:56 | 佐用町昆虫館日誌 | Trackback | Comments(0)