佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

初蝶ニュースNo.3

 春を待つ皆さん、今日はとてもよいお天気で、陽射しはあたたかでしたね。数日前には、あいにくの空模様でしたが、3月なみの気温にもなりました。毎日、ほんの少しずつですが、確実に春に近づいています。とはいえ、その歩みはあまりに遅いように見えて、僕たちの胸をあせりと期待でチリチリさせます。

 今日もよいお天気でしたが、初蝶も越冬組の活動も見られませんでした。ご覧になった方は、ぜひ、お知らせください。

【園芸店ではハナアブが】

 今日は、良いお天気だったので、冬眠中の幼虫たちが目覚めたとき、すぐにごはんをあげられるように、準備をしました。まずは園芸店に行って、花の土を買い込みました。一緒に行った娘が「お花がほしい」と言うので、「すきなのを取っておいで」と言ったら、3株+手かご形の植木鉢を買うはめになり、ちょっとフトコロが痛みました。が、まあいいか。花が咲くほどに、春がちかづくのですから。

 園芸店に並ぶ花には、大きなハナアブがいくつもやってきて、蜜をなめていました。きっとおなかがすいていたんでしょうね。

 土を持って帰って、植木鉢やプランターの草抜きをし、土をほぐして足し、肥料をやります。もう小さな若い芽をだしている株もあります。ヒメカンアオイはもう花をつけていました。

 明日はあいにくの天気のようです。今週はどうなるんでしょう。今週は写真もなくてゴメンナサイ。

 情報はこちらまで   smallbluekh@hotmail.co.jp
# by konchukan1 | 2017-02-19 22:19 | 初蝶リレー | Comments(0)

初蝶ニュースNo.2

 うぅ、寒い! なんでこんなに寒いんでしょうか。皆さんはどうお過ごしですか?

 晴れた日には確かに、陽ざしのあたたかさを感じることもあるのですが、立春以来、来る日も来る日も寒い日ばかりではありませんか。まだまだ、我慢の日が続くんでしょうか。

 というわけで、蝶どころの話ではないんですが、せっかくなので虫情報をひとつ。

 今日の夕方、洗濯物を取り込んでほっとしていたら、蛍光灯にぶんぶんと飛ぶ奴が。目を凝らすと、でっかいクロバエでありました。「なんだ、クロバエか」と言うなかれ。この厳寒にも耐え、冬を越しているのですぞ。「おぉ、よしよし、お前も大変だなあ」と一声かけてやりたくなるではありませんか。

 とはいえ、夕飯時に頭の上をぶんぶん飛ばれるのも困るので、そおっと捕まえて、お外へお帰り頂きました。

【花は咲く】

 とても寒い日々ですが、花たちは少しずつ春を装いつつあります。僕の会社の近くでは、公園の植込みにあるマンサクの花が咲きました。同じ公園では、梅の花も咲き始めています。マンサクが咲くと、春が近いなという気がします。いつかこのマンサクで、ウラクロシジミの採卵をしてやろうとひそかに狙っている僕ですが、まだ野望を達成していません。
f0177529_22305414.jpg

f0177529_22311775.jpg

 勝手に分布を広げたらダメでしょうね。やっぱり。

 というわけで、今週はチョウもガも情報なし。寂しいです。それ以上に、最近、すっかり薄くなった頭部に、風が冷たいです。皆様もあと少し、がんばって冬ごもりしてください。

 情報はこちらまで
  smallbluekh@hotmail.co.jp

初蝶リレー担当  久保弘幸 
# by konchukan1 | 2017-02-12 22:31 | 初蝶リレー | Comments(0)

雨の日曜日

 春が待ち遠しい虫好きの皆さん。昨日の立春はすばらしい、暖かい一日でしたが、何か虫は見つけられましたか? 私は雑事が忙しくて、虫探しなんかしている暇がありませんでした。今日はうってかわっての雨。虫探しどころではありませんでしたね。
 初蝶だけじゃなくて、春の虫情報も、ぜひぜひよろしくお願いします。

 ところで私宅では、去年の初夏に人工採卵したウラゴマダラシジミの卵が、孵化を始めています。昨日の温かさで、一気に孵化が進んだんでしょうか。卵のてっぺんに、小さな丸い穴があいたもの、少しだけあき始めたものなどが見られるようになりました。
f0177529_1621349.jpg

 孵化した幼虫は、枝にくっついて新芽がでるまでじっとがまんのようです。でも小さすぎて、私の目玉では見つけられませんでした。自然界でも、きっと卵の孵化は始まっていると思います。

 次の週末は晴れてほしいですね!
# by konchukan1 | 2017-02-05 16:22 | 初蝶リレー | Comments(0)
今年もやります 初蝶リレー

 寒~い日が続いていますが、皆さん、お元気でしょうか? 今年も立春まであと5日になりました。やりますよ、今年も。準備はよろしいでしょうか?

 ここ10日ほどはとても寒いのですが、1月の上旬までは暖かい日が多くて、私が住む東播磨では、1月に入ってからもベニシジミやヤマトシジミ、ウラナミシジミやヒメアカタテハまで見ることができました。この地域で1月にウラナミシジミを観察したのは初めてのことです。さあ、果たして、初蝶の方はどうなるのでしょうか。

 
f0177529_2118466.jpg

 
f0177529_21171342.jpg


 お正月に日向ぼっこの、ウラナミちゃんと、モンシロチョウの幼虫君(2017年1月12日 播磨町)


 例年通り、初蝶リレーのスタートは立春の日。今年は2月4日です。皆さんからの蝶情報、お待ちしていますよ。一応は初蝶リレーですが、越冬組、初蝶組(今春羽化)、蛾そしてその他の虫たち情報など、この季節の虫情報なら大歓迎です。虫の名前がわからなくても、むしの会には大先生がいっぱいいますから、写真を送っていただければわかるかも。

 こどもとむしの会の事業ですけど、会員じゃない方でも投稿大歓迎。皆さん方から頂戴した情報は、「初蝶ニュース」でメール配信(会員のメーリングリストのみ)するほか、こんちゅうかんブログで公開し、とりまとめた成果はこどもとむしの会の雑誌『きべりはむし』誌上に掲載します。

 それでは皆さん、春に向かって、ON Your Mark! 
# by konchukan1 | 2017-02-02 21:21 | 初蝶リレー | Comments(0)
 今日は、昆虫館に展示していた蝶の標本を回収しに行ってきました。春から秋まで、展示室にずっと展示されていた蝶の標本箱13箱です。毎年冬の間には、標本の修理やら手入れやらをしなくてはいけません。そうしないと、せっかくの標本にカビが生えたり、展翅にゆがみがでたりするのです。防虫剤も入れ替えなくてはいけません。虫屋は、冬でもけっこう忙しいのです(笑)。

 昆虫館の庭は、木々の落ち葉で埋まり、森閑とした姿で年の瀬を迎えています。
f0177529_23121550.jpg


 でも、よく探してみると、アサギマダラの小さな幼虫君が、キジョラン葉に丸い穴をあけながらお食事中でした。小さいけれど見えるかな?
 
f0177529_2313731.jpg


 川のふちにのびたミヤマハハソの枯葉には、アオバセセリの蛹が眠っています。
 
f0177529_23142385.jpg

 5月の風が香るころになれば、深い緑色の翅をひらめかせる、愛らしい蝶が生まれることでしょう。

 昆虫館からの帰り道、誰もいない「自然観察村」でエノキの根元を探してみると、オオムラサキとゴマダラチョウの幼虫が、仲良くお休み中でした。春までがんばって、無事に成虫になってくれますように。
 
f0177529_23164960.jpg

 
 これからしばらく、寒い日々が続きます。皆さんもどうかお元気で、新しい年を迎えてください。そしてまた、春になったら昆虫館に来てくださいね!!
# by konchukan1 | 2016-12-30 23:18 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)